blog
http://www.aspworldtour.com/

大会開始まで

OVER

大会開催

OFF

8 - 9 ft

潮汐

Low 05:55 - 18:26
High 12:15 - 00:46

天候 : Sunny

: light

programme : Winner: Mick FANNING!!!

Updated : Oct 2th - 1PM

2010-09-25 07:43:00

ワールドタイトル戦!迫る戦いの時…

ASPワールドタイトル戦は二世代間の激しい争いになる。9回のワールドチャンプのタイトルを保持するケリー・スレーター(フロリダ)。今期はベルズビーチでの大会で優勝、ランキングをリードし、前人未到のワールドチャンプ10回目を目指す。現在3位のタジ・バロウは、初のワールドタイトル獲得に向けて有利な位置につけている。そして、過去ワールドタイトル2冠を達成したミック・ファニングは、今大会すでに2度優勝経験がある脅威的な存在である。

 

一方で恐れを知らぬ世代の活躍がある。ジョーディー・スミス(南アフリカ)は22歳という若さで、自身のホームである南アのジェフリーズ・ベイでの大会で優勝している。5月にブラジルで優勝したジェドソン・アンドレ(ブラジル)も言うまでもなく、今期のツアーのルーキーだ。高まるプレッシャーや強豪たちを相手に、若く有望な世代がどう戦いを展開していくのか。

 

このいずれの世代にも属さず、自由なサーフィンをするデイン・レイノルズ(カリフォルニア)。ASPワールドツアー挑戦はまだ3度目。にも関わらず、ラディカルなマニューバー、スタイル、余裕のあるエアリアルで多くの人を引きつけ、このツアーでは既によく知られたサーファーの一人だ。ヨーロッパからはフランスのジェレミー・フローレス、ポルトガルのティアゴ・ピレス、タヒチのミッシェル・ブレらが参戦。ヨーロッパのスターである彼らには、ホームであるランド地方の波での戦いは有利といえる。